BLOG笑う門には七福タオル

合法と違法

2016年8月から ブラジル・リオオリンピックが開催されます。

日本のアスリートたちは、リオオリンピック出場を目指して最終戦に臨んでいます。

水泳の北島康介選手。

過去2大会連続金メダルを獲得し、今回5大会連続出場を目指していましたが、残念ながら選考戦に負けてしまいました。

試合後のインタビューの姿は口惜しさをにじませながらも清々しいものでした。

考えてみれば、一流といわれる人たちは人間的に立派な方が多いです。

世間の目にさらされているから、必然的に立派になっていくのだというのを耳にしたことがあります。

アメリカ大統領候補者はさえたるもので、長い大統領選期間中に人間を研ぎ澄まされていくのだそうです。

過激な発言で何かと話題になっている あの共和党・トランプ候補がそうなるのかどうかはわかりませんが・・。

そんな中、金メダル有力視されていたアスリートが違法カジノ店への出入したのが発覚し、無期限の大会出場停止処分が下されました。

つまりはリオオリンピックへの道が絶たれたということ。。

一度出された決定処分は覆ることなく、現役選手には更なる厳しいルールも付加されることが検討されているとのこと。

それは合法カジノにも出入りしてはいけない!

ラスベガスやマカオに代表されるカジノはもちろん、日本でもパチンコ店への入場も出来ないのです。

微妙なルールですが、とある銀行では実際に行員はパチンコ店への出入りを禁じているそうです。

博打中毒になる前に根絶を図っているのでしょうけど、海外のカジノ場へは視察旅行に行っているらしい。

強制的にルールで縛ってしまうというより、大人の判断・・つまりはモラルの問題のような気がします。

話は変わり、先日出張に慌てて出かけた時の事。

会社を夕方出て、松山空港に到着した時は最終便ぎりぎりの時間でした。

搭乗ルールでは、機内に持ち込むバックからパソコンを取り出して手荷物検査を受けなければならないのですが、そんな余裕もありません。

パソコンをスーツケースから取り出さずに係員に渡したら、なんと手荷物検査をスルー。

・・・ラッキー!セキュリティゆる!・・・

ルール違反の反省もなく、目的地へ到着し、スーツケースを開けるとパソコンが入っていませんでした。

慌てて会社を出たので入れ忘れたということ。

世の中ちゃんとしているのです。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※いたずら防止のため、メールアドレスもお書き添えください。誹謗中傷等のコメントは削除する場合がございます。

CAPTCHA