BLOG笑う門には七福タオル

朗報!

今治落語会チラシ.jpg

台風シーズンとはいえ、2つ、3つと束になって発生している。

9月に入り風が涼しくなったとはいえ、晴れた日には気温が30度を超える真夏日になる。

昔とは明らかに違う。

そんな中、リオデジャネイロでパラリンピックが開催されていて、障害をもったアスリートたちが熱い戦いを繰り広げています。

例年以上にマスコミ各社はそのニュースを取り上げています。

このことはいい感じで、昔とは明らかに違う。

ちなみに落語にも障害のある人物が主役になっている噺がいくつかあります。

『景清』 という落語。

目が見えなくなった彫金師・定次郎が、毎日観音さまへ信心しに行き、その甲斐あって開眼するという人情噺。

観音さまへの満願の日に突然の雷雨に見舞われ、雷に打たれてしまうのですがそのおかげで目が見えるようになる。

目の見えるようになった定次郎は、一刻も早く家族にこのことを知らせようと急いで家に戻ろうとするが、人込みでなかなか前に進めない。

そこで定次郎は、目を閉じて杖を突きはじめる。

すると人がどんどんよけてくれて前に進んで行ける。

緊張が一転して笑いが起こる私の好きな場面で、落語が素敵に感じるところでもあります。

昔とは明らかに違うと感じるところもあれば、昔も今も変わらないこともあるのです。

落語と言えば、ニュースです。

2016年11月13日(日)14時~ 今治市公会堂にて 七福タオルプレゼンツ 『今治落語会』 を開催します。

出演者は 素敵な落語家 立川志の輔師匠と春風亭昇太師匠。

引く手数多の人気を誇っているこの二人が今治に来てくれるのは、この10年間で5回目、3年ぶりです。

昔と明らかに違うところはチケットが取りにくくなったこと。

昔も今もかわらないところはめちゃくちゃ面白いということ。

チケット発売は9月22日(木)から。

チケットぴあ http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1643375

ローチケ http://l-tike.com/order/?gLcode=62400&gPfKey=&gEntryMthd=01&gScheduleNo=1&gCarrierCd=08&gPfName=%E4%BB%8A%E6%B2%BB%E8%90%BD%E8%AA%9E%E4%BC%9A&gBaseVenueCd=68208

詳しくは eatインフォメーション 089-946-2888 にお問合せください。

“朗報!” への2件のフィードバック

  1. 七福タオル より:

    コメントありがとうございました。
    神奈川県からわざわざご来場いただいたとのこと、ありがとうございました。
    またイッソ・エッコタオルご愛顧重ねて感謝します。
    はり様のあたたかいお言葉は主催者としてとても励みになります。
    次回開催は未定ですが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

  2. はり より:

    初めまして。先日の落語会に、神奈川からお邪魔しました。
    昇太師匠を入口に、本格的に落語を聴き始めて約半年。まさか、今治まで落語を聴きに行くとは思ってもみませんでした。
    初めての四国、初めての二人会、そして初めて生の志の輔師匠の噺を聴く機会でした。このお二人なら是非!と思い、駆けつけた次第です。
    両師匠に向けた河北社長の温かいお言葉、大親友同士ならではの軽妙なトークに、素晴らしい噺の数々。とても贅沢な会に参加させてもらい、幸運だったと思います。遅まきながら、主催いただいた河北社長に、お礼いたしたく。isso eccoのタオルも沢山買わせていただきました!(こちらは数年前からのファンです)
    できることなら、また両師匠にお会いしたいと思っております。もちろん、今治の地で。
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー