駆け足の春

今年の春はかけ足で過ぎています。

東京では桜の開花から満開まで3日だったとか。

しかし桜ってスゴイ力がありますね。

そして桜が散ってしまえば春が終わったような気になるのです。

桜は春の代名詞なのでしょう。

春だけでなく、季節ごとに代名詞はあるんでしょうね。

夏は 西瓜、蚊取線香、入道雲、風鈴、団扇、浴衣・・。

秋は 秋桜、豊作、うろこ雲、とんぼ、さんま、梨・・・。

冬は 雪、こたつ、お餅、初詣、みかん・・・。

その言葉を耳にするだけで、季節感を感じます。

そう感じるのは、四季のある日本に暮らしているからかもしれません。

趣向は違いますが 『笑点』 は どうでしょうか?

落語家、大喜利、日曜日、長寿番組、テーマ曲・・・。

『笑点』と耳にするだけでいろんなイメージが広がります。

これもまた日本人だから感じるものでしょう。

話は変わりますが、軽い風邪をひいてしまいました。

1週間も経たないうちに熱は下がり、鼻水も出なくなったのですが、咳だけは止まらないのです。

もうすでに1か月以上経った今も、ゴホゴホいっています。

病院で診てもらうと、一種の喘息のようなもので、完治するのに1~2か月かかるとのこと。

話が盛り上がった時の咳き込みはホントに悔しいのです。

なので、龍角散トローチを舐めるようにしました。

マンゴー味で美味しく、一時的にも喉が潤った気にもなります。

で、とあるレストランで食事をした後、デザートに出てきたのがマンゴープリン。

一口食べると、口いっぱいにマンゴー味が広がり、美味しいというより喉にいいと思ったのでした。

東日本大震災の3月11日が今年も駆け足でやってきました。

その日になると、いろんな思いが胸に広がります。

「あの日 あなたはどこにいましたか?」

被災地の一日も早い復興を願うばかりです。

“駆け足の春” への1件の返信

  1. 松山→東京を行ったり来たり(ほぼ行ったきり)していますが、どちらでも満開の桜が見られたのはいいですが、寒暖の差が大きすぎて、常にダルさがあるような感じです。

    長引く春風邪、だけではないですが、やはり充分な睡眠と休養が一番のようです。
    ご自愛ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です