もうひとつの『八日目の蝉』

八月の蝉

なぜ精神的に弱いんだろうと思う時があります。

スポーツは当たり前、ドキュメンタリーテレビなど懸命に生きている人を見ると涙が出てしまう。

しかも一瞬ではありますが、声に出してしまうのです。

『ううっ!』

特に最近多いような気がするのです。

先日、仲間と一泊二日の岡山にゴルフ旅行に出かけました。

初日のプレーが終わった後、予約していたレストランで他愛もない話で盛り上がり、二次会でとある銀行支店長ご推薦のお店へ。

ここで抜群に歌のうまい女性がいたのです。

松田聖子さんの 『赤いスイトピー』 を 画面に流れる文字を追いかけながら聴いていたら、あまりの上手さに歌詞の内容に入り込んでしまったのです。

「♪ な?ぜ?、つき合った日から?、半年たつのにぃ? あなたってぇ? 手も握らない? ・・・」

女心 と 情景 が 重なり合ったその時、『ううっ!』 と声とともに涙が出る。

「♪ こころのぉ?岸辺にさぁ?い?た?、赤い?スイ?トピィ?」

彼女の歌の世界にすっかり入り込んでしまい、スタンディングオベーションをする私でした。

・・・翌日。

昨夜の盛り上がりの話をしながら、その日もゴルフ。

天気は二日続けて快晴で、風なく、寒くなくの絶好のゴルフ日和。

ということは、私のプレーにも拍車がかかり、今年の中でも上位のスコアが出そうな雰囲気が・・。

仲間も、「おいおい!」 「今日は一味違う」 と口にするようになった、残り3ホールの時でした。

「あっちに見えるのが、小豆島の土庄です。」

ゴルフ場から瀬戸内海が一望でき、キャディさんが教えてくれたのです。

・・・小豆島の土庄!?・・・

キャディーさんの言葉に動揺したのは、とある場所で、とある事件があり、最近その容疑者が小豆島の土庄で逮捕されたことを知ったから。

その事件のことも、容疑者のことも 私の記憶の中の近いところにありますが、小豆島とは無縁といっていいほど遠い関係でした。

小豆島の土庄で逮捕って、まるでテレビドラマ・映画にもなった直木賞作家・角田光代さんの小説 『八日目の蝉』 のようです。

逮捕とか、連行なんて言葉は遠い世界で使うものと思っていただけに、そのニュースは私のとってかなりの衝撃になりました。

・・・あそこに住んでいたんだ・・・

『ううっ!』

目の前に映っている美しい小豆島を眺めながら、いろんな思いが交錯し、ついつい涙がポロリ。

そのおかげで残り3ホールのゴルフは、後を引きずってしまいました。

精神的に強くならねば・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です